2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

何かを表すってのは、自然な欲求で、
何かを伝えるってのは、そんなに意識しなくて良いと思うんだ。

目の前にある一つ。
全身全霊で叩き出す。
俺と君との間に何かが起こるとすれば、
まず、それだけだ。


さあ。
始めようか。

このブログは意外と読まれてる。
君の言葉はちゃんと覚えてるよ。



自分が何者かって、考える事がよくある。
昔っからね。

答えは、なんでもない。
ただの、俺だよ。
その感覚が大切だ。
ただの独りの人間だから、歌えるんだよ。

The VODKA主催のイベント、
Rock'n Roll Train vol.5 "DOWN TOWN TRAIN"
に乗り込んできた。
まあ、ひたすらに楽しんできたよ!

色々なもんを抱えて、色んな奴らがあの列車に乗り込んできた。
そして、それぞれが色んなもんを抱えてどこかに旅立つのだろう。

気が付かなければ、何かをしなければ、
日常なんて、ただ過ぎ去っていくだけさ。
こういう夜があるから、あんな夜を企む奴らがいるから、
何かが起こる。
どんなことでも、始めなきゃ始まらない。
言葉にすればシンプルで当たり前過ぎるんだけど、
それを現実にするのは、そんなに易しい事じゃないんだ。
真摯に向き合っている奴にだけ、何かが起こるんだ。
一歩ずつ、前へ。
まさに、ロックンロールだ!


この夜、ある人に再会した。
不覚にも涙がこぼれそうになった。
泣く理由なんてないんだけど、
自分の中の何かに触れたんだろうね。
心の奥底まで届く何かに触れると、
涙って流れるもんなのかも知れないね。


色々な事に気付いた夜だったよ!
発熱、ますます爆走します!
ヨロシク☆

AFRでライブをやると、軽くハイボール中毒になります。
今夜もハイボール。
小雪さんは作ってくれません。
ええ、手酌です。

http://www.myspace.com/yokohamatequila

MY SPACEにて新音源公開!
AFRでもやった「星屑」です。
よかったら聞いてみてね〜。

歌詞、のっけときます。

------------------------------------------------
星屑

約束の場所
なさそうな気がしてる
ロマンチックに
願ってはいるけれど

螺旋階段
終わらないスパイラル
わかってるのに
なんで昇っているの

Lonely Star Dust

約束の場所
なさそうな気がしてる
ロマンチックに
願ってはいるけれど

Lonely Star Dust

小高い場所で
ぼんやりと眺めてた
街の灯りが
なんだか銀河に見えた

Lonely Star Dust

色褪せてたハートは
夜になれば輝く
満天の星空に
鈍く輝く

何かが欲しくて、
妄想するんだろう?

こんなどうしようも無い世の中だ。
そう思ってる奴は多いだろう。

そんな世間の常識から見て「ありえない事」って
求めたくもなるさ。

常識なんて、すぐに変わるさ。
うつろいやすいものだ。

ガキでいいよ。
夢を見ようぜ。