2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

出会ったのは19歳。
ミッシェルガンエレファント、
2ndシングル「キャンディハウス」
そのギターに痺れた。

いまさら彼のギターについて語ることは無い。
ただただ、冥福を祈るばかりだ。

ロックンロールは、
神様から見捨てられたんじゃないか。
ものすごく偏った意見だってのはわかっている。
でも、
昨年末から、有名人無名人含め、
ロックンローラーの訃報が多すぎる。



ミュージシャンなんてロクデナシ。
音楽なんてたかが娯楽。
それが世間のイメージ。
そして、その感覚を否定しているのも世間。
世間と言う名に寄り添った無責任な意見だ。
要はどうとも思われていない。
なんとなく格好いいような気がする。
玄人ぶるためのアイコンがロック。
そんなんもんだ。

ロックを本気で愛してやまない人間たちも居る。
一度でいいから、そういう感覚を忘れて
ただただロックって音楽に身を委ねて欲しい。

想いひとつで、
そういう世間とロックの溝を命懸けで埋めようとしたバンドが
ミッシェルガンエレファント。
そのギタリストの死去。
その衝撃は語るまでもない。

滑稽なほど愚直
滑稽なほど痛快
奇しくも皆既日食の日。
太陽をつかんでしまった男。
バイバイ、アベフトシ。

comment