2017/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

The Birthdayの愛でぬりつぶせのPV、
いいな〜。
好きだな〜。

泣ける。

良いバンドってのはメンバーの絆だと思う。
曲の良さとか演奏の技術とか、そういうのを飛び越すつながりだ。
この人達と音楽をする事が無上の喜び。
そうなったときにのみ、バンドマジックは起きる。
その為には、メンバーの個人個人が、
一分一秒を惜しんで、そのバンドの事に人生を費やす。
きっと、そういう人間の集まりが、素晴らしいバンドになるんだろう。
曲とか、歌詞とか
そういうのはその中の一部に過ぎない。


バンドを継続するのは本当に難しいんだ。
メンバー脱退から、ずっとその事ばかり考えていたように思う。
今は、残るべくしてこのメンバーが残っている。
言ってみれば、発熱に必要な最低限のパーツのみの状態が今だ。

何が必要なのか。
何が足りないのか。
何が悪いのか。

毎日毎日考えている。
答えは出ないけど、今は絶対的に信用できる奴らと音楽が出来ている。
何かが欠けてしまうと思っていたけど、
俺は結構、恵まれているな。

出会ったのは19歳。
ミッシェルガンエレファント、
2ndシングル「キャンディハウス」
そのギターに痺れた。

いまさら彼のギターについて語ることは無い。
ただただ、冥福を祈るばかりだ。

ロックンロールは、
神様から見捨てられたんじゃないか。
ものすごく偏った意見だってのはわかっている。
でも、
昨年末から、有名人無名人含め、
ロックンローラーの訃報が多すぎる。



ミュージシャンなんてロクデナシ。
音楽なんてたかが娯楽。
それが世間のイメージ。
そして、その感覚を否定しているのも世間。
世間と言う名に寄り添った無責任な意見だ。
要はどうとも思われていない。
なんとなく格好いいような気がする。
玄人ぶるためのアイコンがロック。
そんなんもんだ。

ロックを本気で愛してやまない人間たちも居る。
一度でいいから、そういう感覚を忘れて
ただただロックって音楽に身を委ねて欲しい。

想いひとつで、
そういう世間とロックの溝を命懸けで埋めようとしたバンドが
ミッシェルガンエレファント。
そのギタリストの死去。
その衝撃は語るまでもない。

滑稽なほど愚直
滑稽なほど痛快
奇しくも皆既日食の日。
太陽をつかんでしまった男。
バイバイ、アベフトシ。

BLUESってのは、音楽の種類だ。
生き様とか人柄とか、形容するための言葉では決してない。

ただ、そのBLUESを生み出したのは、紛れもなく人間だ。
だからBLUESな奴ってのは、やっぱりいるよね。

わけもわからず、BLUESとか言われると悲しくなる。
小さいBLUESが生まれる瞬間。

The Birthdayのニューシングルだ。
久々にきたぞ!
これはキラーチューンだぜ!!

前のMotel Radioあたりからかなりポップな風が吹いてるね〜。
1stもかなりPOPな要素が強かった。
2ndはDeepなRockの世界だった。
こういうスパイラルなると勝手に予想。
相当独りで盛り上がってますw

10/11。
ミッシェルの解散から5年経過した。
みんな知ってると思うけど、俺はこのバンド大好きなんだよ。
で、この日は毎年ライブをやろうって決めてたんだけど、
今年は残念ながら出来ず。
まあ過ぎた事をグチグチ言っても仕方ない。
そんなわけで、家で独りラストヘブンw
やっぱいいね〜〜
最高だな〜
リボルバージャンキーズ〜ジェニーあたりなんて、
笑いが止まらんよ。

Thank you michelle!

DECCAから出てる「THE MOD SECENE」ってコンピに
TIMEBOXってバンドが参加してるんだけど、
この曲がいい具合に切なくてかっこいいんだよ。
ぜんっぜん知らないバンドなんだよね。
だれか素性知ってたら教えて!

ロックンロール!

あまり言わないようにしてるんだけどね。
やっぱこの言葉、パワーあるよ、

みなさん、ボ先生について書いてるね。
俺も流れに乗ってみよう。

ボ先生を知ったのはルースターズ経由。
ファーストでモナをカバーしてて。
その時はルースターズの曲だと思ってたw
で、オリジナルがボ先生だと知ったのは
レコードで四角いグレッチもってるおっさんがいたので
ジャケ買いしたのが出会い。
ルースターズであのビートを体験していたから
どっきりするような衝撃は無かったんだけど、
いろんな人があのビートを踏襲して
数々の名曲が生まれて行ってる様をみて、
存在の強さを感じるようになったかな。

やっぱ、楽しいよね。この人の音楽は。
自然と身体にくるというか。
ありがとうございます!って気分だよ。今。

一昨年のJB、今年のボ。
最近、巨匠達がどんどん鬼籍に入られていくなあ。
ちゃんと受け継いでいかないと、ね。

ボ・ディドリーの名前とか音楽は、日本では一般的には
ほとんど知られていない。
人の死を嗅ぎ付けて算盤弾くマスゴミは癪だが、
そんなきっかけでもいいから、少しでも良い音楽が広がってくれたらいいな。

Thank you! Bo Diddley!



ちなみに、この人本名はマクダニエルさんですw