2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

創意がもくもくと沸いて絶好調な時がある。
普段なら思いつきもしないような素敵なアイデアが出てくる。
次から次へと。
そんなときって、だいたい判断が緩い。
少しテンションが落ち着いてきた時に
グッとくるものに本当の自分の創意がある。
ハートは熱く、マインドはクールに。

びっくりするぐらいブログ放置してます。
どうもテヅです。発熱で歌っております。


喉の手術をした。
幸いな事に大病知らずなので、虫歯治療以外の手術を受けたこともなかったので、
手術というものに特別な印象もなく「ふーん」ぐらいのイメージだった。
実際にやってみて、これは大変なものなのだと痛感してる。
簡単に言うと、喉の患部を切除するというもので、
術自体は多少の苦労はあったものの順調に終わったのだが、
術後のリハビリが・・・・
ええ、苦痛意外なんでもないですよ。
本当に苦しい。
色々と制限がかっているのだが、禁止事項として、
「酒」「飯」「歌」「話」
こいつらができないんです。
はっきりいって、自分の人生の90%持ってかれている状況(笑)
しかも痛い。めちゃくちゃ痛い。
喉で焼肉焼けるんじゃねーかってぐらい、熱い、痛い。
はぁ・・・
でもまあ、ウイダーインゼリーぐらいしか食ってないから、
痩せたかな(笑)

術後1週間経過して、だいぶ落ち着いてきた。
経過も良好との事で。なによりなにより。

12/4にライブがあるんだけど、そこまでには何とかなりそうな気配です。

一部の方からは励ましのメールなども頂きまして、ありがとうございます。
どうにか生還できそうです。

そんな発熱の近況ですが、近々HPがリニューアルします。
サイトのデザイン更新の他に、ダウンロード販売が始まります。
こぞってご購入ください!!

ライブですが、12/4の音小屋以降はしばらくお休みです。
ありがちな「レコーディングによるライブ休業」です。
春ぐらいには復帰できるかと。


そんなわけで、今後もよろしくです。
12/4は喉の通りがよくなった歌を聞きに来てください(笑)

チャックベリーも
リトルリチャードも
ローリングストーンズも
数多のブルースの巨人たちも
ジミヘンも
ヘッドコーツも
フーも
フィールグッドも
ルースターズも
ミッシェルも
ブランキーも
レッチリも・・・・

書ききれないけど
大好きなROCKは沢山あるけど。

でも、その先に行きたいんだよ。

人と同じことを言っているのに、
なぜかこの人がいうと違う、と感じる事がある。
属人的思考だから、冷静な判断ではないとわかっているけど、
実際の所、人は感情も介して判断するわけだから、
この辺りが落ち着きどころだろう。

Bluesは同じテーマを数多くのブルースマンが演っている。
でも、歌詞も曲の展開も同じなのに、
なぜか、それぞれ違って聞こえてくる。
要は、その人が何者であるかだと思うんだ。

なにをやったか、ではなくて
どうやったか。

これが正中だと思う。

長くバンドをやってれば、まあ色々あるよね。
内的、外的な要因、両方ある。
バンドは今、10年目に突入。
自分のパートも変わった。
それでも、忘れずに持っているものは、ある。
何をするにしたって、大切なのはその人が何者であるかだ。

もがき、苦しみ、楽しみ、喜び。
色々経てからこそ辿り着ける場所が確実にある。
どんなにちっちゃくても、その灯りさえ見えていれば、
行き先を見失うことはない。

さあ、これが始まりだ。


今夜のAFRと、8/7のBlack&Blueのライブは、
個人的な見方だけど、2部構成になっているんだ。
そして、今夜のAFRはチャージフリー。
よかったら、遊びにきてね☆